Adam's apple Home

2010年02月13日

雨ざらしのiPhone file3

SoftBank直営店の場所について調べたところ、なんとiPhoneを落としたコンビニの駐車場と同じ敷地内にあるではありませんか。運命を感じ、まずは電話で問い合わせてみたところiPhoneを持って来て下さいとのこと。

早速、このSoftBank直営店へ向かいました。
水濡れの場合の故障修理は¥22800-かかるとのこと。
この額をお支払い頂ければすぐに新しいiPhoneをご用意しますとのことだった。

3GSへの機種変更も考えにあったので様々なケースの料金をシュミレートしてもらいましたが、まだ新規から6ヶ月経過していないことなど制約があって、自分にとって最善の選択は¥22800-を支払いその場で新品に変えてもらうという方法でした。

そもそも、¥6800-で一括購入したものです。

結局、今ノドボトケが所有するiPhone8Gは、この額に¥22800-をプラスし
¥29600-ということになってしまいました。

さて、結構な額を支払いました。するとこれまでのiPhoneの扱い方でよかったのか考え始めてしまいました。要するに高い買物になった途端、iPhoneをもっと慎重に扱うべきだと考え改め始めたのです。

そこでまず考えたのがこのままiPhoneを裸で使っていていいのかという問題でした。これまではiPhoneは何もつけずに使うのがより美しくかっこいいという思想のもと『rethink』社の皮ケースを採用してきました。しかし、様々な操作の際には丸裸の状態になります。

20100212-1.JPG 20100212-2.JPG
rethink社の皮ケース
確かにカッコいいんだが…裸時に落下などがあったらどうしよう…

今回の件で自分のiPhoneが¥29600-になった現実に裸状態で使うことにしり込みしてしまいました。

『rethink』について再検討、本当の意味でrethinkとなりました(笑)。


―つづく
posted by ノドボトケ at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Adam's apple report
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35288807

この記事へのトラックバック