Adam's apple Home

2010年02月14日

雨ざらしのiPhone file4

rethink社の皮のケースは今回の雨ざらし事件によって無惨な姿に変わってしまいました。
それでも、見るたびに教訓になると思い使い続けようと当初は心に決めていました。
しかし、最終的に計3万円近くかかったiPhoneを前に裸一貫、皮ケースにおさめるのはあまりにも無謀に思えてしまったのです。

SoftBankの方が新しいiPhoneをノドボトケの前に差し出しました。
そして次にカバーはどうされてますか?と聞いてきました。一応、あるんですがとrethinkを思い浮かべながら返答しました。
SoftBankの方自身が使っているiPhoneを見せてくれました。また、私はこのカバーを使っているんですと言ってプラスチック製のiPhoneカバーを紹介してくれました。
これです…
20100213-1.JPG 20100213-2.JPG

SoftBankの方も親身になって対応してくれたし…これにしてみようかな、という気持ちになりました。
iPhoneは裸使用がクールでカッコいいという熱い思いはどこへやら、そのときは、大事な大事なiPhoneちゃん、もう絶対、傷ひとつ付けませんからね、と変わっていました。

はー自分が情けない。ここでこそiPhoneは裸使用という思想を貫いく強い意志がひつようだったはず…

守りに入ったノドボトケです。

―つづく
posted by ノドボトケ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Adam's apple report
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35304100

この記事へのトラックバック